統括管理職 佐藤 陽介

佐藤 陽介 ローソン事業部 新潟支部第一エリア 2010年入社 アップルスポーツカレッジ スポーツビジネス科卒

先輩社員の声

Fusion'zに入社したきっかけ

学校で行われた説明会です。もともと接客・販売の仕事を中心に就職活動していましたが、当初は業種よりも社長や先輩方との会話の中で会社に興味を持ち、会社について調べていく中でコンビニエンスストアという業界に興味を持ちました。何度か企業説明会に足を運ぶ中で社長から「お前はうちに来い」と言っていただき、一緒に働きたいと強く感じたことが私の入社の決め手となりました。

入社前に想像していた事と違う点

入社前は、「上司につきながら指示をもらって仕事をする」ものだと思っていましたが、研修期間が終わり店舗配属されると、スケジュールから当日やること、休みまですべて自分で決めるという「自立型」でした。困ったときには相談すると的確に指示をもらえましたが、仕事を待つのではなく、能動的な行動が求められる環境にあったと思います。大変な事ももちろんありますが、完全能力主義であり、年齢や入社年数ではなく能力や個人を見て評価してもらえることが非常にモチベーションに成長に繋がりました。正直ここまで個人を見てもらえるとは思っていませんでした。

仕事の魅力・やりがい・楽しさ

目標に対して管轄の店舗一丸となって取組みを成功させた時です。ある販売キャンペーンの時に、管轄5店舗で綿密に事前計画から当日の展開・販売方法を決め取り組んだ結果、予想以上の成果を収める事ができました。少し高い目標を設定していたので最後まで気が抜けなかったですが、自らの発案した計画に対し店長やアルバイトさん達が一致団結して行動してくれた時「思いはしっかりと届いているんだな~!」と感動し、じんわり嬉しさがこみあがってきました。仲間とともに喜びを分かち合い、成長している瞬間「この仕事をしていてよかった!」と思います。

成長できたエピソード

私は比較的店長経験が短く、2年程度で複数店舗の管理を始めました。店長時代に少なからず結果を残していた事もあり、そつなくこなす自信もありました。しかし店長経験の短さは自分で思っていた以上に大きな影響を仕事に与えました。だれも私の指示を聞き入れてくれないのです。店舗での問題解決能力、提案力、発注スキル、数値分析等々・・・・どれを取っても中途半端な物でした。決して人より何かが優れているわけではない、「他人にできないくらい努力をしよう」と誰よりも店舗を見て回り、誰よりも数値分析をしました。結果として私の言う事に耳を傾けてくれる仲間が増え、頼ってもらえるようになりました。周囲に少しずつ認めてもらえたと感じ成長を実感できた瞬間でした。

Fusion'zの魅力

よく会社の離職理由に人間関係が嫌で退社するという事を多く耳にします。しかしそう考えると弊社の職場で人間関係が嫌だという声はあまり聞いた事がありません。それくらいみんな活気があり良い意味で上下関係の垣根を越えて仕事ができていると思います。月に1回は必ず会議後に懇親会もあり、時にはバーベキューやスポーツをするなど、良い人間関係の中で仕事ができることが魅力と感じます。

就職活動をしている学生へ

就職活動に勝ち負けはありません。よく学生の中には「周りが内定もらっているから焦ってしまう」「みんなが内定もらっているから早く決めなきゃ」という友人が多くいました。たしかに気持ちはわかります。しかし、早く決まったからといってその学生が長くその会社に勤めてくれる、また優秀とは限りません。
就職活動は一種の【お見合い】のようなものです。会社もその就職活動中の学生をしっかりと見て判断する義務があります。そしてまたみなさんもしっかりと会社や業界を調査し、その会社の事を熟知する義務があると私は思います。自分を着飾る必要はありません。努力した上で自分の良さや自分の気持ちをしっかりと伝える。就職活動も社会人になるにあたっての成長の場です。自分の人生の時間の多くを費やす環境を決める時です。大変でしょうが、納得のいく就職活動にしてくださいね。

統括管理職
  • 佐藤 陽介
店長職
  • 町田 翔太
多様なキャリアプラン
  • 志賀 竜之介
  • 西村 力